クリケットのまち

クリケットのまち

日本のクリケットの拠点

「クリケットのまち」とは?

Best-of-Sano-Blast-24当協会の目的は、多くの人がスポーツを楽しむ健やかで豊かな生活を営めるように、クリケットを通じてその機会や環境を提供することです。そこで当協会は、国内各地域にクリケットに触れる機会やプレーする環境を整備するため、まずは各地域で1つずつ重点拠点を定めて取り組む戦略を推進しています。この重点拠点を「クリケットのまち」と呼んでいます。

「クリケットのまち」では、学校を訪問して子供たちにクリケットに触れる機会を提供すること、クラブの運営や大会の開催によって継続してプレーする環境を提供すること、指導者の育成やグラウンドの造成などを行っています。地域密着型の活動であるとともに、グローバルスポーツとしての特性を生かした国際交流も盛んに行っています。

当協会は「クリケットのまち」づくりによって、クリケットが生涯スポーツやレクリエーションとして愛され、競技スポーツとして夢を与え、そして地域や日本のクリケット・コミュニティの交流の場として地域が活性化され、「健やかで豊かな社会や文化の創造」を目指しています。

「クリケットのまち」

  • 佐野(さの)
    栃木県佐野市は、北関東地域の「クリケットのまち」であるとともに、全国大会や国際大会なども開催されるクリケットのリーディングシティーです。市内の学校ではクリケットが体育や部活に導入され、地域クラブの設立や市内大会も開催されています。子供からから大人まで参加できるイベントや大会があり、愛好者が増えています。グラウンドは5つ整備され、多くの愛好者がプレーを楽しみに市外や県外、そして海外からも佐野市を訪れています。地元の有志や企業、佐野商工会議所などによる「クリケットのまち佐野」サポータークラブも設立され、活動を支えています。佐野市では、クリケットを「佐野ブランド」として認証し、「佐野市スポーツ立市推進基本計画」でも地域の特徴的なスポーツとしてクリケットを位置づけています。2016年3月には「佐野市国際クリケット場条例」が制定され、国際規格に適合するグラウンドが整備される予定です。グローバルスポーツの拠点として、「佐野から世界へ、世界からSANOへ」をスローガンに、今後の発展が期待されています。
  • 昭島(あきしま)
    東京都昭島市は、西関東地域の「クリケットのまち」です。2014年に昭島市、昭島観光まちづくり協会、当協会などで「クリケットのまち協定書」が締結され、官民協働でのプロジェクトがスタートしました。昭和公園陸上競技場では、大学日本一を決めるチャンピオンズウィケットが開催されるなど、学生クリケット界の聖地となっています。2016年4月からは、昭島市内全ての小学校でクリケットが体育に導入され、市内の中学校共同のクリケット部も創設されました。都内からのアクセスが良く、大会参加の希望が多い地域ですので、今後本格的なグラウンドの整備により、より多くの大会が開催されることが期待されています。
  • 山武(さんむ)
    千葉県山武市は、2015年にスタートした東関東地域の新しい「クリケットのまち」です。2016年からは、大会開催が可能となり、東関東地域初のリーグ戦がスタートしました。山武市は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの直前キャンプ地としてスリランカを迎えます。クリケットはスリランカで一番人気のあるスポーツですので、今後スリランカとのクリケット交流も期待されています。
  • 富士(ふじ)
    静岡県富士市は、1990年前後からクリケットがプレーされている東海地域の「クリケットのまち」です。隣接する2つのグラウンドにハードピッチと練習ネッツが整備され、関東と近畿の中間に位置するため、全国大会や国際大会も多く開催されています。関東や近畿でクリケットの普及発展が進むことで、「クリケットのまち富士」の重要性も高まってくることが予想されています。また、富士クリケットクラブが設立され、小学生から社会人までの市民にも普及が進むことが期待されています。
  • 亀岡(かめおか)
    京都府亀岡市は、近畿地域の「クリケットのまち」です。市内の京都学園大学にはクラブやグラウンドがあり、大会や講習会が盛んに行われています。また、地域の小学生を中心に普及活動も進んでいます。近畿地域には本格的なグラウンドがないため、市内でグラウンドが整備されることで、地域のクリケットが大きく発展することが期待されています。