森田 真登

Right Hand Batsman, Right Arm Leg Spin

初選出:2019年

プレーヤー番号:50

15歳の森田選手が2020年のU19ワールドカップで最年少の選手の一人です。

森田選手が日本の先輩レッグスピナーの谷山誠にインスパイアされています。市来選手同様、森田選手が西東京郊外にある、日本の「クリケットのまち」である昭島出身です。

ゲームの楽しさと、平等に活躍する機会が与えられるクリケットに惹かれた森田選手が2015年からクリケット・ブラスト・プログラムに初参加しました。まだ体の小さい選手ですが、スピンボーリングでボールをよく曲げて、日本の最初のワールドカップ出場に大きく貢献しました。

勢いのあるバヌアツ代表を相手に198ランのスコアを守っていた日本を、10オーバー(オーバーは6級のワンセット)、1メイデン(メイデンはゼロ失点のオーバー)、38失点、4ウィケットのボーリングでピンチを救いました。まだU15でプレーしている森田選手が日本プレミアリーグを含めて、にほんのクリケットの各レベルでウィケットを取っています。将来が期待されています。

  • 年齢: 15
  • 所属クラブ: 昭島アビエーターズ・クリケットクラブ